1月 04

どこでも熟女店はある

30代から風俗嬢になろうとしている女性が働き口を探す際にどうすればいいか迷う人が多いと思います。まずは熟女店の求人広告を見ることをおすすめします。ピンサロやソープ、M性感などはそこまで募集をかけているということがないかもしれませんが、デリヘル店に限って言えば熟女店はどこにでもあり、その大半の店がデリヘル嬢を募集しています。ずっと探しているけど見つからないということにはならないでしょう。

最近では勤務体系がゆるくなってきているので週一回からでもデリヘル嬢になることができます。お小遣いは欲しいけど旦那にバレるのが怖いという人でも週一回や時間に融通を利かせてくれるデリヘル店で働けばまずばれることはないでしょう。仕事終わりに週一回3時間程度働くというデリヘル嬢もいます。自分に合ったシフトを作れるので働きやすいことでしょう。

最後にデリヘル店を選ぶ際ですが必ず2店舗以上は吟味してください。自分を雇ってくれるとこならどこでもいいという考えで行くとかなり足元を見られて安月給で働かざるをえないなんていうことが多いです。デリヘル業界が不況だと言っても人材確保は積極的に行われているので引く手数多です。自分を安売りせず長続きできそうな店かつ、自分の納得いく料金を出してくれる店で働くようにしてください。

1月 02

熟女でも働ける

熟女がデリヘル嬢をしていると言ったら「きっとテクニックがあるのだろう」とか「気持ちよくしてくれるだろう」と思っている男性がほとんどです。悪く捉えればハードルを上げられたという形になり、熟女の素人にとっては厄介に思うことでしょう。しかし多くの場合は逆に作用します。例えばあまり気持ちよくなれなかったとしたら熟女相手に気持ちよくなれなかった自分のエッチが下手なのかもしれないと思ってくれるのです。それはプライドからくるものなのですが、そうしたことがあるため特に技術がなくても責められることは少ないでしょう。

その他熟女に対するイメージというのが有利に働くことがあります。それは包容力があり献身的なプレイをしてくれるという先入観です。よほど手の抜いたプレイでない限り先入観から「やっぱり熟女はサービスがいいなー」と思ってくれる男性が多いのです。そこで有料オプション一つを無料にしてあげるなんていうサービスを施したらその男性はもうあなたのファンになってくれることでしょう。損して得とれではないですが相手のイメージをうまく利用して自分の虜にして仕舞えばより稼ぎやすくなりますよ。

また、自分が熟女だと思いたくない人も多いかもしれません。しかし、遅くとも30代中盤を超えたら風俗界では熟女の部類に組み込まれます。それなのに私はまだ熟女じゃないと思っていると風俗で働けるものも働けなくなりますし、男性からしてみても肩肘に力を入れているという感じがしてリラックスして楽しむことはできません。プライドは捨てて世間の流れに身を任せましょう。

1月 01

30代からの風俗求人

今まで風俗で働いたことのない30代の女性が離婚等でお金を稼ぐ為に、一人暮らしをしたい為になどと言った理由で風俗嬢になってお金を稼ぎたいという女性は少なくないでしょう。その際に懸念されることが今まで風俗嬢をやったことない人間がいきなり風俗で稼ぐことができるかということです。これに関して答えはイエスと言えるでしょう。風俗街には必ずと言っていいほど熟女店があります。価格は若干安いかもしれませんがやる気があればすべてのデリヘル店で落とされるということはまずないと考えていいでしょう。

風俗嬢は長年働けないというのが常識的見解でした。そして寿命が短いから総合的に見たら稼ぐことができないと言われがちです。しかし年齢だけ見てそう言っているのであればそれは間違いです。確かに長年風俗嬢をやっているとシャワーを浴びる回数が多かったりローションを使うことが多いからという理由で肌が荒れるかもしれませんが、30代になったらぱたっとお客さんがいなくなるという訳ではないのです。そのため30代に向けた風俗求人も多くあります。

風俗に来る男性は20代から60代と年齢層は幅広いです。仮に男性が若い女性が好きだとしても50代、60代から見たら30代はものすごく若い部類になります。20代では話にならないということで30代後半から50代くらいの女性を指名する人も多いです。さらに甘えたがりの若者も多いので30代からでも風俗嬢になってなんの問題もありませんよ!ものすごい高級店はないですが、デリヘル嬢のサイクルが早いためどの店も募集をかけているという状況がほとんどです。

PICK UP-十三店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】